姫島で食事処「かのや」に行ってみた!えびフライ定食が激うま!

姫島 食事処 かのか

国選択無形民族文化財になっている姫島盆踊のキツネ踊り。そんな姫島に行ってみたくてなんの計画もなしに行ってみました。

昼前に行ったので、さすがに腹がへってたまりません。そこで昼食が食べれる食事処を探してみました。行ったお店は「かのや」という食事処です。かのやの雰囲気やメニューなどを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサード

姫島で昼食する場所を探してみてみた

姫島についたのは、13時まえ。次男を連れて行ったので腹が減ったといって騒ぐのでまずは食事にしようと考えました。幸いにして、LTEが入るのでネットで姫島の所持処を探すには困りません。

姫島の食事する場所として、かのや、姫乃家、もりえい、一休、夕月などがあるようです。昼食となると、かのや、姫乃家、もりえいぐらいです。しかもフェリー乗り場から一番近いのが「かのか」だったのでそこに行くことにしました。

かのかは、フェリー乗り場から徒歩1~2分。目と鼻の先にあります。レンタサイクル ビ・ボーンの奥にありました。

早速店内に入ってみました。

かのやの店内の様子とメニュー

姫島の食事処、かのやの店内はお寿司屋がどうかなったような細長い店内です。入り口にカウンター席が5~6人分。奥には8人ほどの畳の部屋があります。その奥にも畳の部屋がありそうな感じがしました。

家族連れでも、十分食事できそうな感じです。今回は小学4年の次男とふたりきりだったので、カウンター席に座りました。

メニューは、結構多いです。

かのか メニュー

姫島 かのかのメニューです。

メインは、姫島産の車海老を使った、えびフライ定食または、えびたこ丼のようです。姫島は、車えびの養殖が盛んなので、ぜひとも車海老を食べたいと思いました。

車えび定食を注文してみた

今回は、車えび狙いだったので、迷わずえびフライ定食を注文してみました。

私たちが来る前に先に団体客が入っていて、女将さんをはじめスタッフはてんてこ舞状態。他のメニューには、えび塩焼き定食や活き車海老おどり(時価)などがありました。

隣のお客さんは、えびタコド丼と活き車海老おどりを注文したようでした。おどりは1000円とのこと。ウホー高い!!私は、おどり喰い系は苦手なのでそちらはパスしましたね。

有名芸能人がよく来るらしい

その間に、カウンターに座った老夫婦が店に飾ってあった八代亜紀のサイン色紙をみつけ女将さんに本物?って聞いたところで話しが盛り上がりましたね。

さらに誰が最近来たのですか?と聞くとあのTOKIOの城島さんが来たとも話していましたね。きっとDASH島の収録の絡みで訪れたのでしょう。

うーん羨ましい・・・。

えびフライ定食がやっと出てきた

かのか えびフライ定食

かのか えびフライ定食の写真です。

団体客の注文が多かったせいか30分ほど待って、やっと念願のえびフライ定食がでてきました。上記の写真のようにとにかくボリュームがあります。

その中でもおいしかったのは、やはりえびフライですね。頭から食べてみましたがサックサクでとても味があっておいしかったです。もう一個美味しかったのが付け合せのたこのマコ。姫島は、海の幸がおいしいーー

見た目は里芋のようでしたが、食べてみるとモチモチしていました。なんでもこの夏の時期にしか取れないものだとか。どの小鉢も美味しかったです。

まとめ

姫島で食事した「かのや」は、地元民にも旅行客にもフレンドリーなお店でした。もちろん1人客でもぜんぜん余裕で入れる感じのお店です。

今回は、えびフライ定食を注文しましたが、次回はえびたこ丼をぜひ注文したいと思います。なぜならば、隣の席のおばさんのえびたこ丼がとてもおいしそうに見えたからです。量もかなりありそうでした。

sum-IMG_1492

当記事が、姫島を観光する際に役に立てば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサード