熊野磨崖仏へのアクセスと駐車場はどこ?胎蔵寺が金ピカすぎて笑った!

熊野磨崖仏

大分県豊後高田市にある熊野磨崖仏。結構近くに住んでいるのに、行ったことがなかったので参拝してみました。まだ行ったことがない人のために、駐車場情報やアクセス、石段などの所要時間などをまとめてみましたので、ご参考にどうぞ。

隣りにある胎蔵寺の魅力についても書いてみました(^^;)

熊野磨崖仏へのアクセス

熊野磨崖仏への交通手段は、主に自家用車になります。場所は、下記地図を参考にしてもらえばわかると思いますが、簡単に説明しますね。

国道10号線にそって、大分県の山香町を目指します。10号線から山香温泉 風の郷方面の県道635号線に入ります。道なりに車で7分約4kmほど進むと熊野磨崖仏の駐車場に到着することができます。

sum-img_1311

駐車場の料金と場所は?

熊野磨崖仏の駐車料金は無料です。また駐車スペースは、10台ほどで隣接する胎蔵寺と共用スペースになっているようです・・・。

駐車料金は、無料なのですが入場料金が必要でした。

  一般・高校生 小・中学生
拝観料 200円 100円

拝観料: 一般・高校生200円/小・中学生100円となっていますが、かなりリーズナブルな料金設定ですね。ちゃんと、パンフレットもいただけます。

その他駐車場付近には、茶店というか売店が一軒あり喉の渇きを癒やしてくれます。また駐車場の位置ですが、道なりに行けばよいのですが、道幅がかなり狭く普通乗用車の離合ができないので注意が必要です。

そんなに一杯観光客が来る場所でもないのですが、不幸にも上りと下りの車がかち合ったら、お互い譲り合いの精神でどちらかが下がるとよいですね。

おすすめは、駐車場側の人が下がるといいかもしれません。上りは急ですし、見切りがあまりよろしくありませんので。

熊野磨崖仏といえば、鬼の築いた99段の石段が有名

鬼の築いた石段

熊野磨崖仏に続く鬼の築いた石段

この熊野磨崖仏には、鬼の築いた石段と言われるものがあります。段数にして99段・・となっていますが実は、それ以上あります。

伝説によると人間を喰いたくて仕方ない赤鬼に手を焼いていた熊野権現様が、一晩で100段の石段を作ったら許すということだったのですが、赤鬼がさっさと仕事をしたためもう少しで完成しそうになったんですね。

そこで権現様が、鶏の真似をして朝が来たように仕向け赤鬼が逃げていったそうです。その名残と言われる石段が残っています。

その石段なのですが、お世辞にもきれいなものとはいえず凸凹しているしなにより石の形も全然揃っていません。なるほど、鬼が焦って作ったと言われても仕方ない出来に見えました。

現在では、名所の一つとなっていますがご年配の方にはたいそうキツイ石段になっていると思いますよ。

石段を登っていくと左脇に、お目当ての熊野磨崖仏がありました。

熊野磨崖仏とは?

国指定重要文化財に指定されている磨崖仏です。すぐにわかるのは、おおきな大日如来像と不動明王。素人目にもすぐにわかるように、作成された時代が違うみたいです。大日如来像は、綺麗なつくりなのですが、不動明王は全然怖くない表情です。

ちょっと見たら、それ以上見るところもないので、鬼の石段の残りをどんどん登っていきます。

登りきった先には、熊野神社がありました。

熊野神社

熊野神社

熊野神社

熊野神社は、無人の神社

石段の頂上には、熊野神社がありました。無人ですので、参拝しても御朱印を書いていただける宮司さんはいません。

せっかく訪れたので、1束200円のろうそくを灯して、お参りしました。

登り始めてから下るまでの所要時間は?

sum-img_1362

人によっても違うかもしれませんが、往復だいたい30分程度くらいでしょうか?膝の悪いご年配の方は、45分は見ておいたほうがいいかもしれません。

何度もいいますが、膝の悪い人はかなりきついです!

疲れるのは、石段の下りです。

上りがきついかと思うかもしれませんが、下りは足場がわるく以外なほどに疲れを感じました。足場が悪いので、雨上がりとかは足をすべらせる危険性があるので注意が必要です。

sum-img_1316

強烈なイメージの胎蔵寺がおもしろい!

胎蔵寺の仁王像

胎蔵寺の仁王像

あまりにもアレだったので、とぼとぼと下山することにしましたが、熊野磨崖仏の帰途に国東一のパワースポット胎蔵寺への看板がありました。見るからに怪しそうな雰囲気を醸し出している看板です。

今熊野山 胎蔵寺

今熊野山 胎蔵寺

こちらに来るまで胎蔵寺の知識がなかったので、怪しい新興宗教かと思っていましたがれっきとした由緒正しいお寺でした。宇佐神宮六郷満山霊場なのです。

ただ、いろんな意味であやしいスポットがあります。

一投げ100円の謎のピラミッド

胎蔵寺のピラミッド

胎蔵寺のピラミッド

国東熊野のピラミッドセーマン・ドーマンと書いてある謎の看板とピラミッド?らしきものに興味をもったのは、息子。

あれなに?

なになに・・?一投げ100円?!アレに入ったらラッキーらしいよというと、投げたいという息子。おいおい石なげるだけで100円?高くないですかーと思ったのですがどうしてもやりたいというので一投げ

からんからん・・・。

・・・・。

はい 100円ナリ~~~

久々にシュールな時間が流れました(笑)果たして運気は上がったのでしょうか?

こんな感じの胎蔵寺なのですが、怪しすぎるので正直入るのをためらってしました。ですが、そこの住職さんから手渡された梵字が書かれたシールに息子らは大喜び。

胎蔵寺の梵字シール

胎蔵寺の梵字シール

金ピカの干支の像と仁王像

胎蔵寺の仁王像

胎蔵寺の仁王像

干支の像にべたべたとシールを貼って楽しんでいました。なるほど、胎蔵寺の像はやたらと金ピカだったりします。シールを貼られまくってすごいことに・・。

sum-img_1351

これはこれで楽しかったです。熊野磨崖仏よりよかったかも・・・。仁王像も金ぴかだし験を担ぎたいひとにおすすめですね。

国東一のパワースポットに偽りなしです!!

スポンサーリンク
スポンサード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサード