宮崎八幡宮 – 参拝してみた!駐車場に注意!御朱印はもらえる?

IMG_1727

朝早く宿泊していたホテルのまわりを散歩していたら、偶然、宮崎八幡宮というお宮に行きつきました。せっかくなので旅の記録として残してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサード

駐車場はどこ?

宮崎八幡宮の位置は下記の地図の通りです。

私は、グリーンリッチホテルに宿をとっていたので歩いていきました。

ネットでは、宮崎八幡宮の駐車場が100台と書いてあるページがあったのですが、はたしてどこでしょうか?

あたりを散策した感じそんな広場の駐車場はありません。きっと宮崎神宮と勘違いしているのではないでしょうか?

そう言った意味でも、専用駐車場はないので注意が必要です。もちろん宮司さんが使用する境内のスペースはありますが、とても一般の方専用駐車上にはみえませんでした。ですが、許可があれば利用できそうな雰囲気はありましたよ。

そんな申し出をするのが気が引ける方は、県庁専用の駐車場などを利用するとよいかもしれません。

祭られている神様は?

宮崎八幡宮 石碑

応神天皇(八幡大神)、仲哀天皇、神功皇后、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)、橘大神であることが石碑から読み取ることができました。

なんでも宮崎八幡宮は平安時代に創建されている歴史ある神社です。

御朱印がある?ない?

訪れた後に、宮崎八幡宮を調べると、御朱印(ごしゅいんと呼ぶ)で宮崎八幡宮を調べている人が多いことに気づきました。

恥ずかしながら、今まで御朱印なるものがなんなのかを知りませんでした。調べてみると今で言う寺社仏閣巡りをするひとのスタンプラリーみたいなものと考えるとわかりやすいかと思います。

正確には、古のお寺に、写経を収めた際に受け付けた印としていただいたものらしいとの説があるようです。通常のスタンプラリーと違うのは、御朱印帳(ごしゅいんちょう)に宮司さんが筆で御札のように書いてくれるのでありがたみが違います。

一般的は300円程度とされ、御朱印ガールなるものまでいるくらいにカルト的な人気があるようです。

また御朱印を書くための帳面は各寺社仏閣で販売されており、どこを起点にするかでもモチベーションがかなり違ってきそうです。

そんな御朱印のことを知らなかったので、帰宅後いたく後悔しました。宮崎八幡宮の御朱印を貰えばよかったと。朝境内に宮司さんらしく人がいたので、言えばきっともらえるはずです。

ちなみに御朱印ですが、当然直筆なので上手い下手があります。人気寺社仏閣を土日に訪れる場合、雇われ巫女さんが書く場合があるらしいので、注意が必要です。やっぱりうまい字の方に書いてもらいたいですし・・・。

宮崎八幡宮のお祭りは?

宮崎八幡宮のお祭りについて調べてみました。こちらも石碑の画像を参考にしていただければわかるのですが大きく、どんど祭り(1月中旬)、夏祭(7月下旬)が大きなお祭があるようです。

お宮参りや七五三にもいい

宮司さんがいる神社なので、近くの住民の方を中心にお宮参りにも利用されているようですね。

朝早く参拝した印象

宮崎八幡宮 本殿

宮崎八幡宮は、それほど大きくもなく鳥居から本殿まであまり距離がありません。全体的にこじんまりとした神社でした。

でも、県庁近くのせいか職員さんらしき人が多く徒歩で通勤するのを見かけましたがかなり多くの方が、本殿に向かって参拝する姿が多くみられました。

それほど宮崎八幡宮は、地元に愛されているお宮として宮崎の地を守り続けているんだなぁ~と思いました。

まだ参拝されたことがないかたは、中心部の繁華街から徒歩で十分行ける距離ですので明朝行ってみてはいかがでしょうか?

きっとその日いいことがあるはずです。

宮崎八幡宮

〒880-0804
宮崎県宮田町3番27号
スポンサーリンク
スポンサード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサード