初心者のための日帰り登山の装備は何を揃えたらいいの?リュックの容量は?

日帰り登山に誘われた時や、家族で行こうと思った時どんな装備をしていいのか困りますよね。当記事では、いつも自分が装備しているものを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサード

初めての日帰り登山で不安がいっぱいになりますよね?

友人から誘われた初めての登山。何を用意したら良いのかな?そう思う人は多いのではないでしょうか?私はもっぱら単独登山が多いので、格好は全く気にしていません。

自分の場合は、本当に必要なモノをチョイスして持参しています。

日帰り登山の心得からわかる初期装備

日帰り登山の極意は、早朝出かけて昼ぐらいに下山することです。そのために入念な計画と必要な装備を厳選することが必要です。そうすることによって、余計なトラブルに巻き込まれることを避けることができ楽しい登山を楽しむことができるのです。

初期装備 通年共通

人によって考えがあるかもしれませんが、以下の装備があれば十分でないかと考えます。なお、往復4~6時間の登山を想定しています。

リュック
帽子
ウィンドウブレカー
フリース
ネルシャツ
速乾性の下着
ストレッチ素材のスラックス
トレッキングシューズ
厚手の靴下
折りたたみ傘もしくはレインウェア
ヘッドライトと予備電池
スマートフォンとモバイルバッテリー
ペットボトル500ml2本とカロリーメイト
昼食の弁当やおにぎりなど

日帰り登山に大きいリュックは不要

大は小を兼ねるという考え方は、あるかと思いますが日帰り程度の登山であれば20~25L程度のモノで十分だと思います。

最近では軽量タイプのザックが多く販売されているので、スポーツ量販店にいくと良いでしょう。おすすめは、カラフルなザックをおすすめします。

なぜならば、万が一遭難しても発見されやすくなるからです。

ただ、外しては行けない点があります。それは、胸の前と腰前の2点でしっかり固定できるものを購入することです。例としてOUTDOORというメーカーのザックが有名ですが、登山にはおすすめしません。なぜならば、前でしっかり固定することができないからです。

登山ともなれば、鎖場やヤセ尾根など危険な箇所を移動する機会があります。その際に、ザックがずれて体制を崩すのは大変危険だからですね。

以上より、しっかり前で固定できる20~25L程度のザックを選びましょう。

実際に購入した私の事例

最近購入した日帰り登山の装備例です。


SALOMON サロモン デイパック リュック DISCOVERY LITE  ザック7000円

トレッキングシューズ10000円


SOUTH FILELD スラックス7000円 耐久撥水して足上げし易い構造


Columbia unisex S/Mハット4300円


Columbia ネルシャツ5900円

靴下1500円

合計33,500円

たったこれだけでも結構な費用になりますね。細々とした物品を別に購入したら50,000円ほどになるかと思います。初期投資は、結構な額となるのですが、一度購入すればそうそう買い替えたりすることはないのでこれくらい仕方ないです。

ちなみにスポーツ系の衣類やグッズは丈夫なものが多いので、費用がかかるのは最初だけですよ。

面倒な方は、レンタルという手もある

日帰り登山の初期投資が5万近くかかるということに驚いた方もいらっしゃるかと思います。次も行くかどうかもわからない・・・というかたはレンタルという手もあります。

有名な登山レンタル店として以下のものがあります。

「やまどうぐ」


そらのした


相場としてはフル装備12点で2万ほどで登山グッズをレンタルすることができます。この場合は、送料返送料全て込みなので、今後購入する登山グッズの参考にもなるかと思います。

日帰り登山グッズのまとめ

  • グッズは20-20Lのものを選ぼう
  • 初期投資は4~5万くらいかかるよ
  • 最低限必要なのは、トレッキングシューズ、ザック

まだ登山に不安があるというかたは、近くの丘に登ってみることや小学生のハイキングに利用される山などを登って感触をつかむといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサード