ムダを省くと言うこと。ノート1冊にまとめると言うこと。

40を過ぎると日々することが多くなってきて、このままじゃ自分ダメになってしまう・・・

どうにかしたい。

ずっともがいていました。「自分の軸がないと、何言ってもブレてしまう」

そうは言っても、ブレていいんだよ、「楽になりなよ。」と啓蒙しているブロガーもいるのも事実。

でも、自分はそんなことができない人間なのでずっとモヤモヤとしたものを感じていました。

スポンサーリンク
スポンサード

集中したい集中したいんです!

でも自分がダメになってしまうって漠然としたモヤモヤっとしたものでよくわからかなったんですよね。

なんだろう?このモヤモヤは?ずっと考えていたら頭の中が整理できていない、集中できていないそういう状態にやっと気がついたのです。

そうだ自分、集中したかったんだ。

じゃどうやって集中できるんだろうと考えてたどり着いたのが「こんまり」こと近藤麻理恵さんの「人生のときめく片付けの魔法」っていう本。

でも、すぐにたどりついたわけじゃないんです。どっかのネットで「ときめくかときめかないかが重要なんです」っていうことを言っていた人がいて、なんだろう不思議なフレーズだなと思っていたわけなんですよね。

まあ結構あとになって、彼女の言っていることということがわかったわけなんですが。

簡単に言うとまあちょっと前に流行った断捨離っていうやつです。でもこの断捨離って継続力がないのがやっかい。

とにかく迷ったら捨ててしまえということで、モノの少なさが新しい活力になることまでは実感できたのです。

でもなんだか、モヤモヤ感がとれなんですよね・・・。

もっと集中したいもっと・・・

ブックオフで偶然出会ったDaigoの超集中力という本

そんなある日、子供にせがまれていったブックオフ。子供ってなぜかブックオフ好きですよね?うちの子も例に漏れず好きです。

きっとあのごちゃごちゃ感が若い人には、たまらないのでしょう。でもね40過ぎるとごちゃごちゃ感が苦手になります。

待っている間に偶然手にとったのが、メンタリストDaigoさんの「超集中力」というタイトルの本。潜在的に集中本を探していたのかもしれません。

ちょっと読んでみたらビビっとくるものを感じました。

一番気に入ったのが、タスク化のところです。今更タスク化?!と思いますが、これはDaigoさんが考えたことではなくて今から20世紀前半に活躍したアメリカのコンサルト アイビー・リーさんが考えたこと。

ネタ的には、
1.明日することを6つ書き出す。
2.重要な順に順番をつける
3.順番をつけた1から愚直にやる

たったそれだけです。これを1週間つづけてみましたが、本当に効果抜群でした。

なにが効果抜群かというと、とにかく頭の中がすっきりするんです!!
自分の場合は、家庭版と仕事版で二つに分けてやってみました。

上記のやり方は、本当におすすめです。

もっとすっきりしたいならすべてのことは一つのノートにまとめろ!

タスク化するために、紙に書いていくのですが気がつけばバラバラになってしまいます。じゃまとめればいいのでは?そう思いつきました。

今まで、経理、家のクリーニング、購入物など別々にメモっていたんですよね。

Daigoさんの超集中力で紹介されていたニコニコ動画内のDaigoチャンネルを覗いてみたところ、ノートをとる方法が紹介されていました。(うまく誘導されてしまったというべきか・・・汗)

ここで紹介されていたのは、すべてのノートは1冊に集約しなさいということでした。

そうか・・・!!

集約すれば、集中力のリソースを節約できます。ちなみに1日の集中力は限界があるそうです。

ノート1冊にすべてをまとめることで、すべてに集中できる

どのノートにまとめるのが良いのか?選んだのはアピカのA4サイズのプレミアムCDノートの無地

アピカ プレミアムCDノート 無地 A4

ノートって普通B5サイズのノートじゃないですか。でもこれがA4サイズになるととたんに自由度があがります。B5じゃだめなんですA4

しかもおすすめするのは、無地です。真っ白なキャンバスに自由に書いていく。思いついたこと、不安なこと、ちょっとだけ先にしないといけないこと、全部書いていく。

不思議にスッキリします。

また記録しても役立ちます。確かなのは時系列に書いたということだけ。超整理術で有名な野口悠紀雄さんも著書の中で人間がハッキリ覚えてられるのは時系列だけだと言っています。

時系列でなんとなく覚えているのだけど、一冊のまとめているノートを見るだけで思い出せます。

本当にすばらしい!

そしてすべてに集中できる!

補足:アピカ プレミアムCDノートにおすすめのノートブックカバー

表紙がプラステックになっているアピカプレミアムCDですが、バックの中で他の本や資料が差し込んで紙が折れ曲がってしまうおそれがあります。

勝手に開かないようにするノートブックカバーが欲しいなと思いました。そこで購入したのが、●●のA4ノートブックカバー。まだ到着していていないので、レビューできませんが、届いたら追記したいと思います。

まとめると言うことのまとめ。

ムダを省くと言うことは、究極には時間の節約になります。どんなお金持ちも時間、つまり有限の寿命があります。

これだけは神様が唯一平等にした原理原則。神様。ずっと原理原則をかえませんように。

スポンサーリンク
スポンサード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサード